ふたなりと戦闘エロが好きだから

主に同人ゲームのふたなりと戦闘エロに関する感想を書いています。

【その他】怪盗エフィー 製品版感想

【その他】怪盗エフィー 製品版感想

体験版感想記事から加筆修正する形で製品版感想記事になります。
なおこの記事、ゲームシステムそこそこにエフィーちゃんエロいしか言ってません。

サークル「やまなし娘。」さんより、2022年08月26日発売。
まさか体験版感想記事を書いた時は発売が約1年後になるとは思わず。

【その他】怪盗エフィー 製品版感想

クリエイター買い推奨



私が本作で一番興味を持ったのはクリエイターだったりします。

作者とされている「バイトの先輩」さんはサークル「とらいあんぐる」にて活動されていた方で、
くノ一椿」や「PrincessProject -プリンセスプロジェクト-」に関わられております。
こちらの二作も開栓注意先生の肉感たっぷりの絵柄が大変エッチでオススメ。

それ故に、前二作の売上をみれば本作の完成度がわかります。
勿論ゲームシステム、エッチシーンともに期待を裏切られることはありません。

なお端的に表現すると、くノ一椿のゲームシステムにプリンセスプロジェクトのエッチシチュエーションを組み合わせたのが怪盗エフィーです。
以上、購入しても全く外れではないという根拠おしまい。

【その他】怪盗エフィー 製品版感想

エフィーちゃんはエロい



システムの話が終わったら、次にエフィーちゃんのエロさを見ていきましょう。

昼は酒場の店員、夜は怪盗と2つの顔を持つエフィーちゃん。
本性は少し内気な自信の持てない少女、怪盗中はディーラー風衣装の快活少女となります。

エッチシーンの傾向もそれぞれ異なります。

【その他】怪盗エフィー 製品版感想

昼のエッチシーンは主に住人からのセクハラや巻き込まれ系。
淫乱度が上がれば娼婦として働くことも可能に。

純朴な少女が淫らな行為に染まっていくさまは大変エロい。

【その他】怪盗エフィー 製品版感想

夜のシーンは忍び込んだ場所でのトラップやボスの敗北エロといったもの。
ちょっと抜けてる自信満々の女の子が
拘束されたりバックで無理やり犯される様は大変エロい。

【その他】怪盗エフィー 製品版感想

ゲームオーバーエロ



またボスの敗北の仕方によってはゲームオーバーになるエッチシーンも発生します。
こちらは快楽に抗えなくなってしまったり、壁尻に放置されて延々と犯されたり。

壁に拘束されたまま、顔を赤らめ俯く構図は表情が見えず大変エロい。

【その他】怪盗エフィー 製品版感想

一部戦闘エロ



また本作の戦闘中はエッチ攻撃が発生しますが、殆どおまけと思った方が良いでしょう。
しかし胸、アソコ、尻に合わせて立ち絵が変化し、この立ち絵がどれも大変エロいです。

なお1戦闘1種しか立ち絵は変化しません。
また戦闘エロで挿入されることもありません。残念。

あとこのゲームはレベルを上げ過ぎるとラスボスの攻撃ですら無効化できるのですが
エッチ攻撃は最低でも1ダメージ食らいます。
つまりどれだけ防御力を上げてもエッチには抗えないということ。
エロいですね。

【その他】怪盗エフィー 製品版感想

エロステータス



本作はエロステータスもあり、戦闘エロを使えばかなり高速で稼ぐことができます。
ただ射精量とかは記録されないので、あくまでエッチ回数記録用ですね。
またこれによって何かが変化するなどもありません。(淫乱度は別にして)

【その他】怪盗エフィー 製品版感想

エフィーちゃんの一番エロいとこ



華奢な上半身に比べ、股の筋肉や太ももから膝のムッチリした肉付きなど
理想の安産型体型をしているエフィーちゃん。

その一番エロいところといえば、やはり尻でしょう。
丸みとハリのある程よい肉付きの尻。

戦闘エロやセクハラ、一部エッチシーンとエフィーちゃんの尻を確認できる機会は多くあります。
最高ですね。

【その他】怪盗エフィー 製品版感想

まとめ:エフィーちゃんはエロい



つまりエフィーちゃんはエロいということです。

過去に販売数万超え作品を多数排出したクリエイターと、
大変エロいイラストが加わった怪盗エフィー。

半年ほど音沙汰がなかった時はどうしたのかと思いましたが、
無事発売されて内容も高クオリティと、素晴らしい作品になっておりますね。